第33期長野韓国青年商工会定期総会

日時:5月8日(土)14:00~
場所:民団長野県地方本部
スローガン:第33期「合縁奇縁~出逢うべきして出逢った仲間~」

【当日の開催報告】
長野韓国青年商工会は5月8日に、第33期定期総会を会員のみで
民団長野地方本部で開催しました。
会員13名中11名の参加で2名の欠席でしたが、久々の再会に喜びながら
出逢うべきして出逢った仲間だと改めて認識した総会になりました。

 

【会長 挨拶】
長野韓国青年商工会第33期会長の李済成です
32期に引続き会長として重任いたしました

32期はコロナ過もあり思うように活動はおろか、会員同士も顔を合わせることが困難な1年でありました
しかしその状況下でもオンライン理事会やハイブリット理事会などできることを模索し今まで以上にそれぞれが考え真剣に会について話し合うことができたと思います

33期も同様にまだ活動がしづらい状況は続いていきますが持ち前のスモール青商の強みで、らしさを存分に発揮していきたいとおもいます

今期の長野青商として“合縁奇縁”をスローガンとして掲げました

ここに集まったメンバーとの大切な縁を大切に、より繋がりを強くし1年間駆け足ではなくゆっくりと前に進んでいけたらと思います

今期も長野青商をよろしくお願いします

長野韓国青年商工会第33期会長 李 済成

会長メッセージ

韓孝徳(パク・ミョンホ)
第40期会長
朴永鎮

ヨロブン、アンニョンハセヨ。
在日韓国青年商工人連合会第40期会長を拝命いたしました朴永鎮と申します。
世界中がコロナの影響を受ける中、我が在日同胞も大変苦しみながら耐え忍んでおります。このような時こそ、私は今期執行部と共に当会会員のため、何が出来るかを考え、着実に実行していきたいと思っています。
私は今期スローガンに掲げました「弧掌鳴らし難し 青商の絆は永遠に」に込めた思いは、人は一人では生きていけず、協力し合い助け合うことで幾多の困難を乗り越え、その先に永遠の絆が生まれる。まさに今期がこれに該当すると思い、青商会員皆で必ずや乗り越えていく決意でございます。