第29回山口県韓国語弁論大会

令和2年11月15日(日)
第29回山口県韓国語弁論大会

 

この度は、無事に弁論大会を開催することができました。
当初は、このコロナ禍でこの通年事業でもある弁論大会自体を(やらない)・(やれない)という頭で動いてまいりました。
しかし、やれないのではなく、やる方向で動くとしたらどの様な事をしていけば開催できるのかも途中で考えるようになりました。
今回は規模を大幅に縮小し、会場にも人数制限をかけ、弁士達一人一人時間差で会場に入ってもらったりと、ソーシャルディンタンスを保ちながら行いました。その他、様々な工夫をし安全第一に考えてまいりました。
例えば、弁論大会の2日前に駐広島大韓民国総領事館の方と会場でもあります下関韓国会館全館の消毒作業を一緒に行いました。
弁論大会自体の感想としては、弁士達は韓国人ではないのにも関わらず、しっかりとした韓国語で話し、しかも韓国に対する熱い思いが一人一人強く感じ取る事ができ、私は恥ずかしながら、最初の弁士の発表の時点で目頭が熱くある程感動しました。
この弁士達の熱い思いが、彼等一人一人が大きくなって、今後の韓日の友好の架け橋になってくれると私は信じてます。
そのお手伝を我々山口韓国青年商工会は今後も続けていきたいと思いました。

参加者
韓国教育院2名
司会2名【内、青商会員1名】
審査員3名
DVD撮影1名
NHK取材3名
青商会員1名【時間計測】
会館外
車両誘導、弁士誘導で青商会員4名

 

 

11/13(金)下関韓国会館全館を消毒作業

左から駐広島大韓民国総領事館)副領事 シン・ドンユン様、真ん中)教育院のコン院長、右 山口会長 ソウ・ジョンド

 

会長メッセージ

韓孝徳(パク・ミョンホ)
第40期会長
朴永鎮

ヨロブン、アンニョンハセヨ。
在日韓国青年商工人連合会第40期会長を拝命いたしました朴永鎮と申します。
世界中がコロナの影響を受ける中、我が在日同胞も大変苦しみながら耐え忍んでおります。このような時こそ、私は今期執行部と共に当会会員のため、何が出来るかを考え、着実に実行していきたいと思っています。
私は今期スローガンに掲げました「弧掌鳴らし難し 青商の絆は永遠に」に込めた思いは、人は一人では生きていけず、協力し合い助け合うことで幾多の困難を乗り越え、その先に永遠の絆が生まれる。まさに今期がこれに該当すると思い、青商会員皆で必ずや乗り越えていく決意でございます。