会長挨拶

第38期会長
姜 光黙

 

ヨロブン アンニョン ハシムニカ

第38期 在日韓国青年商工人連合会の会長職を拝命しました、姜光黙でございます。

まずは、親愛なる友好他団体の皆様、当会に多大なる功績を残されました偉大な先輩方、皆様方の多大なるご協力とご支援により、38期目を迎えることが出来ましたこと、会員一同、改めて厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

 

私は12年前、30歳の時に愛知青商に入会しました。

私が22歳の時に若くして他界しました父が、愛知青商の前進団体である経済界のチャプターメンバーの一人であった事や、当時愛知青商に在籍の親戚から強く勧められた事等がキッカケでした。それまでに同胞の会や、商工会等に全く参加した事のなかった私にとっては、非常に勇気のいる一歩でした。

当時の先輩方の、個々のオーラと、その迫力ある風貌にただ緊張し、自身も現在の商売の原型を始めて2~3年の時でしたので、先輩方の意識の高さや会話の中身に敷居の高さを感じてしまい、当初はあまり積極的に参加できませんでした。

転機は入会3年目に拝命した委員長職です。

海外での研修企画が担当でしたが、参加人数の少なさと内容に疑問を感じ、行き先や趣きを変えることで参加人数を増やし、今後の愛知青商の有り様について語り合う良い機会に変更できませんか?と提案することで賛同を得ました。そこでの話し合いの内容や、先輩方と共にした時間、得られた達成感等が現在の私につながっているような気がします。

そこからは、毎年何かしらのお役目を頂戴し続け、それらの担いをこなしていく事に必死となり、気がつけば入会9年目に愛知青商の会長職を拝命するに至りました。

今では入会当時に退会しないで、本当に良かったと感じています。

 

地元青商の活動に邁進する一方で、自然と全国に仲間が出来ました。カッコいい先輩達、気のおけない同級生、そして頼りになる後輩達に囲まれ、青商活動だけでなく、互いの人生をも熱く語りあうことで、お互いを認めあってきました。

沢山語り、沢山お酒を飲み交わし、つい熱くなることも多々多々あり、時は泣いたり、またある時は腹を抱えて笑ったりと。かけがえのない大切な時間を、真剣に過ごしてきた仲間だけが通じ会える魅力のようなものが、当会にはあるのだと思います。

 

卒会された歴代の先輩方も、皆様一様に仰られるので、38年間、時代が変わっても引き継がれてきたことと確信しております。

アクが強く、押出の強い様々なタイプのメンバーと関わっていく事により、自身の幅が広がる感覚を覚え、成長の可能性を実感しながら、このかけがえのない青商を、しっかりと次世代の後輩に繋いでいく責任があると感じ、微力ながら誠心誠意頑張らせて頂くことを決意しました。

 

今期38期は“広がる可能性 次世代につなげよう 青商の輪”というスローガンの元、当会の設立目的に今一度立ち戻り、各地区青商の代表団体としてしっかりと道を照らし、先導していけるよう努めてまいります。

また、37期の改革において、各地区会員が自動的に連合会会員の資格を有すると定義しましたことから、「コンパクトな執行部による大いなる連合会」が誕生しました。

それにより、今期は内外の両面に向け、青商連合会の存在意義をしっかりと伝えていけるよう、ブランディングに取り組んでいきます。

 

まずは外側に向けまして、SNSやHPの活用を軸に、各地区としっかり連携することで精査した情報発信に努めます。また、青商の使命・魅力とは何かを言語化し、短い言葉でダイレクトに訴えかける、熱く強い団体を目指していきます。

次に、内側に向けましては、各地区のボランティアを主とした様々な活動に、人的・金銭的支援を積極的に行います。そして地区同士が情報を共有することで、より質の高い活動を行っていけるようしっかりとサポートしていきます。

また、今期は「会員益」という言葉を意識し、全国の会員が「青商で良かった」という想いを増やしていけるよう、チャレンジしていきます。

まずは、全国の会員がメール等で頼れる、法務・税務・労務の相談窓口として、ビジネスサポートセンターの設立を目指します。

そして、各地区・連合への収益事業というスタンスの確立により、会員同士のビジネスマッチングの動きを加速させていければと考えています。

これらの活動は、必ずしも単年度では結果が出ないかもしれません。しかし、組織改革によって、複数年の事業計画が見込める体制となった今、粘り強くチャレンジしていくことで、様々な可能性を夢想し、一歩ずつ着実に歩みを進めていく所存でございます。

 

本国朝鮮半島がかつてない融和路線へ進む中、我々がこの地で今、何をしていくべきなのか?という問を常に念頭におきつつ、全国の仲間と共に駆け抜ける一年とさせて頂くことを誓います。

各地区青商の潤滑油となるべく、会員一同、同胞社会の発展、地域社会との交流の為に全力を尽くしていく所存でございますので、今後ともご指導・ご鞭撻賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

結びとなりますが、皆様のご多幸とご発展を祈念いたしまして、会長挨拶とさせて頂きます。

テダニ カムサハムニダ